安心できるマンション経営|中古マンションの投資を始めてみよう|上手な運営方法を伝授

中古マンションの投資を始めてみよう|上手な運営方法を伝授

安心できるマンション経営

レディー

一括借上げのメリット

最近は何かと不安な将来に備え、一般的なサラリーマンでも賃貸マンション経営に乗り出す方が増えてきています。しかし、賃貸マンションの経営は、入居者の選定や契約の更新、滞納者への督促など様々なノウハウを必要とするため、一から始めるのは簡単ではありません。そこで賃貸マンションを不動産管理会社に一括借上げしてもらう、サブリースが注目されています。サブリースとは、マンション物件を管理会社に一括借り上げしてもらい、煩雑な管理業務を全て管理会社に行ってもらう経営形態のことです。この形態を選択することで、オーナーは専門性を伴う管理業務から解放され、時間を有効活用することができます。会社員として働きながらマンションオーナーとしての収入を得ることも可能なため、サブリースは人気の事業形態となっています。

保証料を知っておこう

サブリースを利用する場合、オーナーの収益は家賃収入という形ではなく、管理会社から保証料という形で入ってくることになります。ここで注意しておきたいのが、オーナーに入ってくる収益は、実際の家賃収入の90%から80%になるということです。管理会社としても収益を上げなければ運営は成り立たないため、どうしても手数料は必要になります。オーナーが受け取る保証料の割合は、物件の資産価値や立地条件など管理会社が審査した後に算出されます。新築物件の場合は資産価値に大きな問題はありませんが、立地条件で保証料に差が出る場合もあるので、申し込み前に頭に入れておくことが大切です。また、オーナーに入る保証料は2年毎に更新されるため、資産価値を維持していくためには、修繕時期などの適切な判断が求められます。